一言で言ったら「お恨み申し上げます」な感じ。不可抗力とはいえ、ザハロワ降板って…アンドレイまで道連れって…!! いや、慣れない相手と無理に踊って何かあったら大変だからそれで正解だし、彼は恐らく間違ってもそんなことはしない人だろうと思いますが、もうこれで明らかに、ボリショイで「ドン・キ」を踊る彼を観られるラストチャンスだったんです。というか、ボリショイで踊る彼自体を観る、ラストチャンスかもしれなかったんです。というより、その覚悟をしていたんです。だから、素晴らしいものを観た筈なのに、最後の最後までテンションが上がりきらなかった…

キャスト

キトリ/ドゥルシネア:ナタリア・オシポワ  バジル:イワン・ワシーリエフ 

ドン・キホーテ:アレクセイ・ロパレーヴィチ  サンチョ・パンサ:アレクサンドル・ペトゥホフ

 

ガマーシュ:デニス・サーヴィン  ロレンツォ:イーゴリ・シマチェフ

フアニータ:ヴィクトリア・オシポワ  ピッキリア:オリガ・ステブレツォワ

エスパーダ:アンドレイ・メルクーリエフ  ルチア:アナスタシア・メシコワ

ロレンツォの妻:アナスタシア・ヴィノクール  公爵:アレクサンドル・ファジェーチェフ

公爵夫人:エカテリーナ・バリキナ  居酒屋の主人:イワン・ブラズニコフ

ドリアードの女王:エカテリーナ・シプリナ  

3人のドリアード:ユリア・グレベンシチコワ、ネリ・コバヒゼ、オリガ・マルチェンコワ

4人のドリアード:アレーシャ・ボイコ、スヴェトラーナ・パヴロワ、チラナ・アリザデ、スヴェトラーナ・グネドワ

キューピッド:アナスタシア・スタシケーヴィチ

スペインの踊り:クリスティーナ・カラショーワ、アンナ・バルコワ、エカテリーナ・バリキナ

ジプシーの踊り:アンナ・アントローポワ

ボレロ:アンナ・バルコワ、エフゲニー・ゴロヴィン

グラン・パの第一ヴァリエーション:エカテリーナ・クリサノワ

グラン・パの第二ヴァリエーション:アンナ・ニクーリナ

 

 今回の公演でまず目を見張ったのは、他の何でもない、ソリスト役の女性陣の充実でしょう。主役級を揃えたグラン・パはもとより、殆どがコール・ドの女の子たちに踊られたその他の役が、到底そんなクオリティじゃなかった。つまりそれが、ボリショイ品質ってことなんですが。

 盛んにブラヴォーを浴びていたのは、ベテラン・アントローポワのジプシーでしたが、これは確かに、ヒタヒタと狂気の気配を感じさせる危うさと、激しさと悲しさを凄い勢いでミックスして、炎のように燃え上がらせる踊り。炎と言えば、メルセデスのスカートさばきも鮮やかの一言だったし、ルチアの凛としてシャープな踊りは小気味良いの一言。スペインの踊りは、今まで何度も観てきて始めて、このパートを観た甲斐があったと思えました。スローだけどじっくり味わえる妖艶さ。キューピッドの軽やかさ愛らしさは言うまでも無いし、1人だけ格上のシプリナ=ドリアードは、クラシックの完成度という意味では、全体を通してずば抜けていたと思う。

 主演の2人は、少年漫画から抜け出てきた高校生カップルのように、無鉄砲で明るくてひたすら元気で、恐ろしいほどのエネルギーを振りまきながら踊りまくっていました。オシポワは、このまま順調に伸びていけば、ステパネンコの後継者になれそうですね。ただ、細かいところの端整さが全然無いから、まだ姫にはなれないと思う。その辺りは引き続き、要精進。

 ワシーリエフはもっと極端で、多分この子は今、この役しか出来ないかもしれない。明らかに「素」だったし、サポートはかなり危ういし、「ドン・キ」だから許す、という解釈もアリだけど、調子に乗って暴れすぎ、という解釈も成り立つから。もちろん、恐ろしいばかりの身体能力でありテクニックで、何も考えずに観ている分には笑えます。スカッと抜けて気持ちよかった。ただ、ボリショイの将来を担う人材として、ここに留まっていて欲しくないな、と。

 それとこの2人、確かに相性は良さそうですし、似た雰囲気に似たサイズの、お似合いのカップルなんだけど、もうちょっとベテランのダンサーと組ませて揉んだ方がいいような気もします。まだまだ勉強して欲しいところがたくさんあるし、レパートリーも狭いから。逸材だけど若い。面白いけど、いつまでもそればっかりでも居られないでしょう。

 因みに男性陣で圧倒的だったのは、エスパーダを踊ったメルクーリエフ。やっぱり彼は、王子なんかやるよりも、傍系でキラッと光るダンサーですね。スパイスが効いているというか、ハリがあって嫌味なくマッチョで、女たらしの花形闘牛士のイメージぴったり。でも決して無軌道ではないんですよ。華やかな中にも締めるところはビシッと締めている。そこは、主演の2人にも見習って欲しいところです。

 ドン・キホーテたち「踊らない」役の面々は、まあこんなところでしょうという具合。サーヴィンのガマーシュは、とてもいい味をしていましたね。針のように細長い体型が、役作りとも良くあっていて。

 プロダクション的には「…」です。やはり東バ>グルジア>ボリショイ>オペラ座>新国くらいの順位になっちゃうかなぁ、と。居酒屋の次にジプシーの野営地を持ってくると、あそこだけ全体から浮いてしまう、というのは、かねてからの持論で、何を何回観ても変わりそうも無い。それとやっぱり、東バのワシーリエフ版が素晴らし過ぎるんでしょう。

 全体的に、素晴らしい舞台だったことは間違いないです。闘牛士たちの群舞とかボレロとか、初めて「観て良かった〜」と思えたパートがたくさんあったし、ソリスト役の面々が大健闘だったし、自分で選んでは観られない若手を観られたし…

 でも、何を何度言い聞かせても、ボリショイを率いて十八番中の十八番を踊るアンドレイを、観られなかったんですよね。それだけは悔やみきれないものがあります。と言って、次の来日まで踊っていなさいとも言い切れないんですよね、もう、年齢的に。

 こうなったら、ザハロワともども責任を取って、来年5月に素晴らしい「カルメン」を見せて欲しい。それしか無い。お願いします。

inserted by FC2 system