こういうのを観ると「バレエファンやってて幸せだな」としみじみ思います。イレールとルディエール、もうきっと生では無理だと思っていた二人を観られたことももちろんですが、やっぱりルグリは素晴らしかったし、プログラムもよく出来ていて、どの演目にもそれぞれの観がいがありました。そしてやはり最後には、ヌレエフ・エトワールたちの偉大さを痛感しましたね。

 



◆「パキータ」
オーレリー・デュポン&マニュエル・ルグリ


 まずは東京バレエ団のコール・ドですが…まあいつものコメントを。純クラシックの動きで、「集団としての美」を生み出すのは難しいですね。一つ目としては、華やかで良いですけど。


 オーレリーのクラシックは、「ドン・キホーテ」と「眠れる森の美女」を観ていて、どっちも「うーん…」という感想だったので、これをどう料理するか、楽しみにしていました。で、結論から言うと、やっぱり彼女は、コンテンポラリー向きのバレリーナなんでしょうか。それとも、調子が今ひとつだったのでしょうか?全体的に、動きの重さが気になりました。「女王の風格」みたいなものや、フランスのバレリーナらしいエレガントさは、流石という感じでしたが。

 あと、彼女が出していた雰囲気って、「ロココの貴婦人」なんですよ。ジプシーの娘でも、花嫁さんでもなくて、ゆったりした動きが、鷹揚というより「思わせぶり」に見えて。この部分しか観たことが無いので何とも言いにくいですし、ガラだからまあいいや、ってこともあるんですが、物語の筋から思い浮かぶような、快活さや愛らしさは感じなかったなぁ。

 ルグリはこの日も完璧でした。軽やかさ、柔らかさ、鋭さ、深み――あらゆる要素を兼ね備えていながら、そのどれにも偏り過ぎない、輝かしいばかりに均整の取れた踊りっぷり。そして、ひとつひとつの動きの終わり方の、何と歪み無く、美しいこと。けっこう過剰な期待をしていったのに、それを些かも裏切らないところが、本当に素晴らしい。これひとつだけでも、ご馳走様という感じでした。

◆「スターズ・アンド・ストライプス」ミュリエル・ズスペルギー&エルヴェ・クルタン


 時節柄、ブラックコメディにも思えてくる、これ見よがしな星条旗のセットと、ディズニーっぽい色使いの衣装に、一瞬、うっとなりました。これっていつもこうやってやる演目なんですか?でも、踊り自体はそれなりに楽しかったです。翳り無く明るく、コミカルで、半ば以上無意識なんだけど、格好付けをやめられないという、アメリカの一断面図みたいな感じで。多少、頼りなく見える踊りも、可愛らしい振付に随分カバーされていましたし。



◆「モーメンツ・シェアード」エレオノーラ・アバニャート&ステファン・ビュリヨン


 藍色のホリゾント、ピアノの伴奏、紫色の衣装――思い浮かんだイメージは、真夜中の酒場、あるいは酒瓶の底。タイトルは
Moments Shared”だから、「共有された時間」ってとこでしょうか。踊り自体も、何だか酔ったような感じですね。酔っ払う方じゃなくて、陶酔の方。ゆっくりと深みにはまっていって、抜け出せないところまで行ってしまう、男と女のドラマ。ちょっと訳あり風の、大人の雰囲気が素敵でした。

 


◆「チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ」
ドロテ・ジルベール&オドリック・ベザール


 ジルベールが輝いてました。小鳥のように可憐で、軽やかで、瑞々しくて。若さと可愛らしさを、最も美しい形で発散させていたように見えました。べザールは、カドリーユということで、恐らくソロなども踊りなれていないかと思うんですが、万事生硬で、余裕も無かった。ソロの最後、ポーズを崩してしまって、ちょっとやけになっているようにも見えました。でも、そんな彼の失敗までも、「若い子がやっていることだから」と思わせて、カバーしてしまうくらい、ジルベールの「若さ」は圧倒的。あの輝きは今しか出せないものですが、決して「勢い」だけで踊っているわけでも無いし、凄い子ですね。きっと彼女のキトリも可愛かっただろうし、彼女のジゼルやオーロラも素晴らしいだろうと、容易に想像出来ます。

 

◆「さすらう若者の歌」マニュエル・ルグリ&ローラン・イレール


 前半最後は、今回の目玉その1。ボディブローのように、じわじわと響く作品でした。振付自体は、テーマとあわせて、いかにもベジャール好みという感じでしたが。とにかくルグリもイレールも凄かった。

 最初はちょっと、首を傾げたんです。円熟の極みにあるこの二人が、今更何を踊っても、そこに「若さ」は出てこないんじゃないかと。実際、最初の三分くらいは、そう思って観ていました。ちょっと期待しすぎていたかなと。でも、時間が過ぎていくごとに、しみじみと分ってきたんです。ここに描かれているのは、「観念としての若者」であって、こんな若者は存在し得ない。でも、ここに描かれている要素を持ってはいる。喜びと哀しみと痛み、自由と不自由、希望と絶望。「若者」イレールも、「運命」ルグリも、それらを味わい尽くし、外から見ることも知った。多分、「運命」の存在まで知っているんです。その上で踊るからこそ、これが出来る。女形が女よりも女らしくなるように、円熟極まって、究極の「若さ」が醸し出せる。若者の要素を凝縮した、あの踊りが出来るんですね。そういうことではないかと思います。だからこそ、切なさも、幸福も、残酷さも、胸に迫ってきた。


 それにしても面白いですね。一歳違いで、学生時代からライバルと見なされ、二十年来、パリ・オペラ座の屋台骨を背負ってきたこの二人。でも、二人並んでトゥールをやると、明らかに違う。あくまで中道を行くルグリに対し、イレールは明らかに、軽さ、鋭さ、自由自在さに傾き、コンテンポラリー向き。でも、どちらの動きも極められていて、美しい。この二人、もし本当に不仲だとしても、きっともう芸術家としては、そんなものとは関係ないところへ到達し、その位置から、お互いを認め、手を繋げるんでしょうね。そんな、圧倒的な存在感でした。

 



◆「精密の不安定なスリル」
エレオノーラ・アバニャート&メラニー・ユレル&ドロテ・ジルベール&ヤン・サイズ&マロリー・ゴディオン


 面白い。いかにも「これからコンテンポラリーを踊ります」という衣装(紫色の短いシャツとパンツ)で現れた男性三人と、安っぽい黄緑色の、クラシックチュチュもどきを着た女性二人。何をやるかと思えば、最初は思いっきりクラシックの動き。「あれ、フォーサイスなのに、これでいいの?」と思っていると、微妙に、本当に微妙に、何かがズレ始める。ふと首を傾げると、また元に戻っている。そのズレが、段々大きくなっていって、気がつけばもう、紛うこと無きコンテンポラリーな動きになっている。振付家とダンサーに、上手く乗せられてしまったような感覚が、何とも言えず快感でした。

 ジルベールもアバニャートも綺麗でしたが、この中で目を惹いたのは、長身のヤン・サイズ。ああ、クラヴィーゴに出ていたハンサムなお兄ちゃんね、と思っていましたが、シャープな動きがひときわ格好良くて、眼が離せませんでした。ああ、彼の「マニフィカト」も観たかったな。

 



◆「眠れる森の美女」
ミリアム・ウルド・ブラーム&マチュー・ガニオ


 一番、意地悪な目で観てしまった演目かも。二十歳のエトワールのお手並みを拝見しましょうか、って。結論から言うと、彼にはこの演目、まだ早いでしょう。一分の破綻も無く、完璧で輝かしくあることを要求される演目です。彼に限らず、基本的には三十歳以上のダンサーのもののような気がします。出演者中最年少とは思えない落ち着きと、何とも言えないノーブルな雰囲気は流石でしたが、ソロはまだ踊りなれていない感じで、ちょこちょこミスってましたし、長い脚の使い方も、まだマスターし切れていないと見ました。

 一方のオーロラ姫は、オーロラではないかもしれませんが、初々しくて愛らしい、お嬢様のような雰囲気で、なかなか良かったです。

 



◆「ル・パルク」
オーレリー・デュポン&ローラン・イレール


 大好きな演目ですし、初演キャストのイレールということで、期待が大きかった反面、オーレリーの調子が今ひとつなのかも…と不安も半分ありました。でも結果的には素晴らしかったと思う。イレールはテレビで観た映像そのままの出来栄えでしたし、オーレリーは、イザベル・ゲランのような過激さではなく、「小さな死」を彷彿とさせる静けさで見せてくれました。それは完璧な「二人の世界」で、その静謐さゆえか、「モーメンツ・シェアード」が顔色を失うくらい、深かった。やっぱりオーレリーはこうでなきゃ、との思いを新たにしました。

 



◆「アレス・ワルツ」
マチュー・ガニオ&オドリック・ベザール&ヤン・サイズ&エルヴェ・クルタン&マロリー・ゴディオン

 最初に長身のサイズ、ガニオ、べザールのアンサンブル、続いてやや小柄なクルタンとゴディオンのデュオ。素敵でした!小粋でシャープな最初の三人、ややコミカルで威勢の良い次の二人。でも、どっちもどことなくお洒落で、格好良くて、楽しかった。音楽がヨハン・シュトラウスのワルツということで、何かベタベタなものを想像してたんですが、嬉しい驚きでした。それぞれのパ・ド・ドゥでは精彩を欠いて見えたガニオとべザールも、ここでは輝いてましたしね。

 



◆「椿姫」
モニク・ルディエール&マニュエル・ルグリ


 最後にして最大の目玉でした。ハイデとリスカのビデオを観ているので、色々と期待もし、想像もしていたんですが、想像の方は見事に、裏切られました。でも、「ロミオとジュリエット」で観たあの二人が、こんな風に踊るんだ、という喜びの方が大きかったです。


 ルグリのアルマンが見せたのは、あの暴力的で、絶望的な幼さではなくて、切れてしまった糸を必死に手繰り寄せる、一途な情念。その想いの深さ、細やかさは圧倒的でした。一方、ルディエールのマルグリット。ハイデの、すべてを犠牲にアルマンを包み込む慈母ではなく、一人の女性として、アルマンを見ていました。そして、実は切れていない糸の片端を、しっかりと握っていた。アルマンがもう片方の端を、大切に握っていることも、一生懸命に手繰り寄せてくれることも、ちゃんと見えている。自分もそれを引っ張り返したい、糸は切れていないと伝えたい、でももう、戻れない、伝えてはいけない。その哀しみの深さと、抑えきれないアルマンへの想いの相克。そうして引き裂かれて、崩れ落ちるしかないマルグリットと、それを見つめるしかないアルマン。抱き合ってももう、糸は元には戻らない…そんな踊りでした。予想とは、まったく違った「椿姫」。でも、何という「椿姫」でしょう。泣けました。


 これを観ている間ずっと、ダンスマガジンのルグリのインタビューが頭を離れませんでした。ひょっとしたら、これがルディエールとの、最後のパ・ド・ドゥかもしれない。そう思うと、アルマンの必死さが、余計に胸に迫ってきました。そして演技が終わった後で、感極まった様子で見詰め合っていた二人の様子。「かけがえのないパートナー」と言うのは簡単ですが、二人にとって、互いの存在がいかに貴いか、ただそれだけの動作が、はっきりと見せ付けてくれました。オーレリーには申し訳ないけれど、やはりルグリにとって、ルデイエールは女神様みたいなものなんですね。

 


 休憩とカーテンコールも含めて三時間くらいの上演時間だったんですが、三時間とはこんなに速く、濃く過ぎてゆくものかと、後になって驚きました。こういう時間味わいたさに、私は劇場に足を運ぶんですよね。そうやって、バレエの至福を味わわせてくれた三時間でした。

inserted by FC2 system