アレクサンドラ・ステパノワ&イワン・ブーキン(ロシア)

【主な成績】

13世界ジュニアチャンピオン、15世界選手権9位、15欧州選手権3

 

 あのA.ブーキンのご子息というだけで、個人的には大注目だったのですが、それを飛び越して、大好きになったカップルです。ライン、特に立ち姿の美しさは流石ロシアと言うべきですが、振付は独創的な方で、トレードマークになるオリジナルの動きが幾つかあります。でも、彼らはそこにこだわらないんですよね。敢えてそれを飛び越えていく勇気がある。そんな、気質も演技も若々しくて、颯爽とした2人です。

 

1213シーズン

FD「フラメンコ・ボレロ」

 初めて彼らの演技を観たのはこれ。圧倒された! って感じではないんですよ。へー、A.ブーキンの息子さんなんだー、お手並み拝見、くらいの気持ちで観ました。同じコーチに就いていた、ホフロワ&ノヴィツキーが同じ曲を滑った時のような、鮮烈な印象もありませんでした。正直、ジュニアスケーターだから、もたついている箇所もありますよ。でも、随分と奇を衒わないで、丁寧に滑ったな、という好印象を持ちました。よく見ると、そこそこオリジナリティのある振付なんですけれど、そこに頼り切らずに頑張って滑っていた。そして、この曲に置いていかれずに滑り切った。それだけで、まずはOKだと思ったんです。

(振付:イリーナ・ジューク)

https://www.youtube.com/watch?v=xt9OGQq0zBM

 

 

1415シーズン

SD「エスパーニャ・カーニ」、FD「エリナー・リグビー」

 彼らは低い姿勢で印象的なポジションを作るのが上手いんですが、SDFDもそれを効果的に使っています。ただ、それにも、その他の独創的なポジションにも寄りかからない。SDはとてもスタンダードなパソドプレだし、FDはどちらかと言えば流れを美しく見せる方向性だし。

 私が彼らのファンになったのは、このFDからです。流れで見せていくには、まだ技術が足りない。個性派になりたいなら踏み込みが足りない。そんな立ち位置ではあるんですが、ラインがとても綺麗だし、纏っている空気が何ともエレガント。ソ連時代から脈々と続くアイスダンスの系譜を継ぐ存在であることは確信出来ました。

(振付:イリーナ・ジューク)

SDhttps://www.youtube.com/watch?v=FJb4jgUNZ3M

FDhttps://www.youtube.com/watch?v=dRy75wnrkRQ

 

 

1516シーズン

SD「スタントマン」、FD「ラフマニノフ・リベンジ」

 ざっくりと、前のシーズンと同じ傾向だと思います。SDは、割と良い意味で、昔のCDを観ているよう。スピードに乗って、きっちりワルツのステップを刻んでいます。FDは、傾向としては前作と似た方向性なんですが、曲がキャッチーになったのと、技術が増した分だけ、ぐっと観易くなりました。

(振付:イリーナ・ジューク)

SDhttps://www.youtube.com/watch?v=yifLk4032Z8

FDhttps://www.youtube.com/watch?v=LWv-3hrNCiA

 

 

1617シーズン

SD「ブルース/ヒップホップ」、FD「リベルタンゴ/ブエノスアイレスの春/ブエノスアイレスの夏」

 一皮剥けたな、と思いました。若々しく溌溂とした滑りのSDでは、惜しげも無く最大のトレードマークであるシットポジションのトゥイズルを封印していますが、その代わりに入るトゥイズルが、憎いくらい格好良いんですよね。そして、これまでは良くも悪くも丁寧で無難だったこの種目で、思いっきり踊る。そういった一連のことがすべて、新鮮な印象を与えてくれた。

 FDも若々しいという言葉が相応しい作品です。若々しいタンゴが有りか無しかは別問題として、色気と迫力よりもパワーとスピードを重視したことが、アイスダンスとしては吉と出たんじゃないかと。それから今度はコンビネーションスピンのポジションをがらりと変えていますが、これがまた美しい。あとはいつもの彼らのように、印象的な動きを散りばめつつもスタンダードにステップで見せていきます。多少、レベルを犠牲にした感はあるんだけど、それでも、この見せ方をするのに十分な技術力がついてきたのが一目見て分かったし、やはりこの作品も、とても印象が鮮やかです。若くて勢いのあるところと、伝統を背負って着実に力をつけている部分が、バランス良く配合されたプログラムだったと思います。

(振付:イリーナ・ジューク)

SDhttps://www.youtube.com/watch?v=qXcMO962pqI

FDhttps://www.youtube.com/watch?v=vNFfqGS9HmE

inserted by FC2 system