中庭健介

【主な成績】

06四大陸選手権6位、0910オンドレイ・ネペラ・メモリアル優勝

 

 長いキャリアの中で、そもそも彼の存在に気付いたのが、ここに書いてある、後半のシーズンです。前半も知ってはいたけど、ただ「居た」ということを記憶しているだけで、印象が無い。それほどの演技しかしていなかった選手です。ただ、ある時、彼の中に目覚めるものがあり、それが静かに胸を打つ表現力になって、私に届いた。ここに名前が出てくる中では、最も地味なキャリアのスケーター。でも、かけがえのない思い出のスケーターです。

 

 

04-05シーズン

SP「四季」、FS「ロード・オブ・ザ・リング」

 彼の、目覚め始めのシーズン。「四季」は、この後地味に長い付き合いになる代表作ですが、この頃はまだまだ、それまでの彼の、何とも印象に残らない感じを引きずっていました。それから彼は、実はこの前のシーズンにも「LOTR」を滑っています。ごく何てこと無い使い方で。そして、再び同じ曲に挑戦したこのシーズンは、ゴラムを演じています。こそこそと怯え、影の中で蠢く弱い生き物を。決して、十全にこなしていたわけではないと思います。ただ、彼はそこに気付いて、挑んでいった、それだけのことで十分価値があるシーズンだったし、純粋に振付だけでも、個性の強い、印象深い作品でした。

(振付:デヴィッド・ウィルソン)

 

 

05-06シーズン

SP「サラバンド」、FS「ロード・オブ・ザ・リング」、EX「ロミオ+ジュリエット」

 FSは据え置き、SPはごく真っ当なドラマチック系ですが、この頃になると、かなり板についてきます。EXも、正直3年前の彼がやったら寒かったと思う。自ら振付けた作品とのことですが、ベタベタでもやりすぎ感が出ていてクサくなっていても、きちんとストーリーを追っていて、けっこう様になっています。これを観た時、ふっと「彼は将来、プリンスアイスワールドのスターになれるのでは」と思いました。

(振付 SPFS:デヴィッド・ウィルソン、EX:中庭健介)

 

EXhttp://www.youtube.com/watch?v=JSCy98ZUx88&feature=player_detailpage

 

 

06-07シーズン

SP「アランフェス協奏曲」、FS「二人でスローダンスを」、EXLIMIT OF LOVE 海猿」

 私が彼のファンになったのはこのシーズン、端的に言ってFSです。SPは、綺麗だけど、こんなアランフェスなら他にもあった。FSはアームスの使い方が印象的で美しいプログラムです。スタンダードな緩‐急‐緩の構成ですが、この「緩」部分が、後に中庭君の持ち味になっていく、ほんのりとノスタルジックで叙情的な、とても良い味わいを醸し出しています。EXは昨季に引き続いての「なりきりヒーロー」系、これも中々ハマッています。

(振付 SP&FS:アレクサンドル・ズーリン)

 

EXhttp://www.youtube.com/watch?v=RowcuFZmW1E&feature=player_detailpage

 

 

07-08シーズン

SP「サラバンド」、FS「ブレイブハート」

 「ブレイブハート」は中庭君の思い入れの一曲なんだそうです。確かに、彼にというか、こういうシンプルなスタイルのスケーターにはよく似合う、重苦しくないけど感動的なメロディですね。正直言うと、中庭君の滑りは線が細めなので、その日の出来不出来で、後半に攻撃性が足りないと思うことはありました。でも、彼はいつも丁寧にこの音楽を滑っていて、そこにこもった思いには、代えがたいものがありました。

(振付:デヴィッド・ウィルソン)

 

 

08-09シーズン

SP「ニュー・シネマ・パラダイス」、FS「ブレイブハート」

 彼の最高傑作が、このSPだと思う。二つのステップシークエンスがとても印象的な振付ですが、隅々まで丁寧に作りこまれ、同じく隅々まで心を込められて、丹精込めて滑られた作品だという印象があります。叙情的な音楽がぴったりなことは言うまでも無いし、ここに於いては、線の細さが繊細さとして活きた。アームスや指先の綺麗な動きや、コンパルソリーを滑り込んで作り上げたステップや、彼の持つすべてが、この短い時間の中で結晶して、地味で静かだけど味わい深い輝きになっていたと思います。

(振付 SP:樋口豊、FS:デヴィッド・ウィルソン)

 

SPhttp://www.youtube.com/watch?v=zNoxC1br-j0&feature=player_detailpage

 

 

0910シーズン

FS「龍馬伝」

 中庭君の最後のシーズン。やっぱり彼は、感動的な音楽が似合う人だったんだなぁ、ということを、プログラム終盤の演技を観ながらしみじみと思いました。特に二つ目のステップシークエンスからが、本領発揮という感じがします。やっぱり線は細いと思う。だから、一つ目のステップシークエンスには若干の無理がある。でも、最後まで観るとやっぱり彼の滑りで、ファンとしては感じ入ってしまうのです。

 

FShttp://www.youtube.com/watch?v=niofRLc3hHo&feature=player_detailpage

 

inserted by FC2 system