アレクサンドル・アプト(ロシア)

【主な成績】

02ソルトレイクシティ五輪5位、02世界選手権4位、02欧州選手権2

 

 「表現力がある」という言葉に、最も相応しいスケーターの1人だと思っています。自分の王道に出来る表現のメソッドを持っていて、それを何にでも適用出来る。だから、何をやっても彼らしく、また非常にその音楽らしくもある。エッジまで含めて全身の使い方をよく知っていて、決まった時は圧倒的に華やかで美しい。反面、怪我が多くジャンプも苦手で、そのくせ妙に難しいプログラムに挑んでは自爆していく、要らない破滅の美学も持っていた気がしますが…でもその部分が何よりも好きでした。

 

 

9899シーズン

FSSongs from the Victorious City

 王子様系の容姿と雰囲気を持つ割に、何故かエキゾチック系が十八番だった彼ですが、このシーズンのFSはアラビア音楽。フィギュアで使うと、えてして「妖しい踊り」になりがちですが、彼は基本を崩さずにそこから味付けをしていくので、何をしていても綺麗。それでいて、フィギュアスケートとして要求される範囲において、ちゃんとアラビアという、実はけっこう稀有なプログラムでした。

(振付:ラファエル・アルチュニアン)

 

SPhttp://www.youtube.com/watch?v=NqxQ6lzb-4I&feature=player_detailpage

 

 

9900シーズン

FS「リバー・ダンス」

 アイリッシュダンスと言えば軽快にステップを踏みまくる、という表現が横行していた中で、一風変わったアプローチをしていたプログラム。前半はとにかく間を取っていくんですが、その「間」が、絶妙に観る者の目を惹きつける。そして後半、それまで封印していたステップで一気に駆け抜ける。決まらないとあまりにも痛いけど、決まりさえすればこの上なく気持ち良いという、ある意味非常に彼らしい作品だったと思います。

(振付:ラファエル・アルチュニアン)

 

FShttp://www.youtube.com/watch?v=WJ--rGUwq_I&feature=player_detailpage

 

 

0001シーズン

SP「アルメニアン・ラプソディ」、FS「グラディエーター」

 SPはアルメニアのお祭りの曲だそうですが、上半身の独特な動きや変形のスピンが絶妙なアクセントに。そして、主旨に相応しくどんどん盛り上がっていく音楽と、彼のよく伸びるスケーティング、伸びやかな身のこなしが相乗効果を起こした時は、すべてが大きなエネルギーになって、リンク全体を照らすような存在感がありました。FSは、同じ曲を使った選手が多かった中では、1番エキゾチック寄り。そして、キャッチーでない方向に行ってしまったせいで、割を食った作品でもあったと思います。後半からの盛り上がりには、確かに欠けるんですよ。彼自身のパワー不足もあるとは思いますが。ただ、前半のエキゾチック部分には、彼ならではの味が出ていてなかなか良いと思います。スローなアップライトスピンが、地味に面白い。

(振付:ラファエル・アルチュニアン)

 

FShttp://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=hYITFEMDQts

 

 

0102シーズン

SP「アルメニアン・ラプソディ」、FS「ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番・第3番」、EXWhat a Wonderful World

 このFSは、まるで白鳥!技も含めて動きのすべてが、とても大きくて美しいカーブの上に乗っているんですよ。だからどこにも隙が無い。ジャンプに入る前、助走のカーブでさえも美しかった(そしてそうやって跳ぶことはかなり難しかったとも思います)。とにかくすべてが優雅で、スケール感があって、ジャンプもその他のエレメンツも合間の細かい身のこなしも、すべてがまさしく鳥の羽ばたきのようでした。あの当時、彼より高くて流れのある美しいアクセルを跳べる選手は居なかったと思う。最大のハイライトになるのはスピンで、複数のフライングを重ねるシットスピンの一瞬の激しさと華やかさ、ゆったりした回転速度で回る変形キャメルスピンの、いつまでも見ていたいような味わい深い美しさ…とにかく彼にしか出来ないことを、1番美しい形で組み立てたプログラムでした。

一転してEXは、地味でほのぼのと穏やかな作品。冴えない、という言い方も出来るけれど、彼は多分、家に帰るとこういうお父さんなんだろうなぁ、と思わせてくれる、ささやかな幸福感も持っていました。

(振付:ラファエル・アルチュニアン)

 

SPhttp://www.youtube.com/watch?v=vfRJm3kIkPU&feature=player_detailpage

FShttps://www.youtube.com/watch?v=iudoGMtI7t4

 

 

0203シーズン

SP「ヤヴォローチコ」、FS「ボレロ」

 ロシア民謡を使ったSPは、土臭い雰囲気もありましたが、それがかえって、ロシアらしい重厚感や、大地のような力強さを生み出していたと思います。そのパワーですべてを押し切っていくようなプログラムで、嵐のようなサーキュラーステップ、何処までも攻めてくるような迫力のストレートラインステップは、ともに圧巻でした。

 FSはチャイニーズ・ドラゴンをモチーフにした作品で、「ボレロ」の盛り上がりよりは、同じテンポのままどこまでも続いてゆく、という部分を汲み取った作品。この曲を滑る時に外してはいけない条件は、決して途中でテンションを落とさないことと、流れを閉ざさないこと。その意味では、彼の、最初のワンストロークが430秒間伸び続けるような、大きな流れのスケーティングに絶妙にハマッていました。もちろん、転倒などした節には一気に致命傷になるプログラムでもありましたが、最初からある流れに素直にエッジを任せるだけ、と言わんばかりのスケーティングと、上半身の滑らかな動きが合わさった相乗効果は絶妙でした。

(振付:アレクサンドル・ズーリン)

 

SPhttp://www.youtube.com/watch?v=Chk6mrqQnPs&feature=player_detailpage

FShttp://www.youtube.com/watch?v=sqeuBFZUT6Q&feature=player_detailpage

 

 

0304シーズン

SP「ヤヴォローチコ」、FS「ナイヤ」

 ある意味では、「リバー・ダンス」の延長、究極形とも言える「間」のプログラム。他のスケーターが滑ったら、絶対に持たないでしょう。そのくらい、じっくりと間を取って、これ以上続いたら飽きる、ダレるというぎりぎりの一線上で、美しいスピンが入る。そこからガラリと空気が変わり、一気にステップで盛り上げる。一言で言うと、待つ甲斐があるプログラム。色気、迫力、鋭さ、待たせ方といい見せ方といい、彼ならではの心憎さで溢れていて、競技用にしては珍しいほど「大人」を感じるプログラムでした。

(振付:アレクサンドル・ズーリン)

 

FShttp://www.youtube.com/watch?v=2fTdTwBbi4o&feature=player_detailpage

 

inserted by FC2 system